平塚江南校舎 江南同窓会

神奈川県立平塚江南高等学校同窓会公式ホームページ
平塚高等女学校 平塚江南高校
文字サイズ小 中 大
トップトピックス お知らせ会の概要会 報連絡/問合せ変更連絡サイトマップリンク
最新情報が表示されない場合には「最新の情報に更新」(F5)を押してください

2015/11/18

九州支部が設立されました

 江南同窓会九州支部を設立したいとの提案があり、10月29日の第3回役員会で満場一致で承認されました。
名称 九州支部
支部長
(支部代議員)
奴間健司さん(高23回)
副支部長 飯田宜志さん(高26回)、寺本憲功さん(高33回)
幹事 谷口貴美子さん(高29回)、保坂正勝さん(高45回)
事務局 伊山俊太郎さん(高56回) 

懇親会を開催された報告をいただきました。
 九州地区在住の平塚江南高校卒業生による懇親会が、平成27年9月19日(土)、福岡市博多区博多駅東2‐1-1に所在する博多都ホテル2階の日本料理店「四季亭」において、開催されました。
記念すべき第1回懇親会には、第23回生(昭和46年卒業)から第56回生(平成16年卒業)までの世代を超えた6名が参加し、懇親を深めました。
第2回懇親会は、平成28年2月13日(土)、福岡市内にて開催予定です。平塚江南高校を卒業した卒業生が集って親睦を深める為の会ですので、お気軽にご参加ください。また、九州在住のお知り合いの方がいらっしゃいましたら、お声かけ頂けますと幸いです。
                                            (伊山俊太郎 記)
 

2015/11/17

第10回青春かながわ校歌祭に参加しました。

 10月17日(土)秦野市文化会館にて「第10回青春かながわ校歌祭」が開催されました。
 県内27校の同窓会が参加する中、江南同窓会は3番目に出場しました。参加者は高7回生~高49回生、校長先生、現役生(合唱部4名、放送委員2名)など計82名。高21回生の志澤彰さんの指揮の下で「高女校歌」と「校歌」。高28回生~高34回生の応援団9名のリードの下で「第一応援歌」を披露しました。ピアノ伴奏は福山史子さん(高25)、村瀬初枝さん(高30)のお二人。懇親会はグランドホテル神奈中秦野にて、同窓生同士、終始和やかに交流を深めました。
 次回は2016年10月15日(土)神奈川県立青少年センター(横浜)にて開催されます。大勢の皆さまの参加を期待しています。


画像をクリックすると大きく表示されます。
画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります
放送部の学校紹介 「高女校歌」、「校歌」、「第一応援歌」
雨あがりの大山をバックに 応援団OBの皆さん
実行委員長
美濃本さん(高18)
笠野副会長(高20) 稲本校長先生 県議 米村さん(高56) 乾杯!
指揮 志澤さん(高21) 朝野前校長(高19) 合唱部の皆さん 下條さん(高19)
前原さん(高7) 放送委員の皆さん 岩井さん(高21) 応援団 比企野さん(高29)
応援リーダー
泰田さん(高34)のエール
森脇副会長(高8) 司会 金子さん(高25)

2015/06/22

平成27年版会員名簿訂正《第2回国体(石川:昭和22年)参加ハンドボール部写真》

 本年2月に平成27年版会員名簿を発行いたしました。発行に際しましては各方面の大勢の皆様方にご協力いただき心より感謝しお礼申し上げます。
 さて、名簿の写真の創立からの記録の2ページめの“初の国体出場 ハンドボール部 1947(昭和22)年”という写真につきまして、会員の方より間違いを指摘されました。過去の名簿でずっと掲載されていましたので、そのまま掲載してしまいました。写真の方たちは2回目の出場とのこと、ここにお詫びし、訂正させていただきます。
 なお、初の国体出場をされた高女23回生の方より、貴重な写真と記事をお寄せいただきましたので、感謝し掲載させていただきます。

 戦後間もない頃、ハンドボールで国体に出場したいと思い、合宿したり、猛練習をしたりして、念願かない第二回国民体育大会への出場権を得ました。各高校から各種目の選手たちでいっぱいの選手専用列車に乗り込み、石川県金沢に向かい、小さい旅館の二部屋続きに全員で枕を並べて休みました。
 開会式には天皇陛下御臨席の前を“頭(かしら)右”の行進で入場いたし、戦中戦後の変動にも動ずることもなく、皆元気いっぱいの女学生達でした。
 そして、今もスポーツ中継には、大声を出して声援を送るなど、江南高校の運動場(平塚高女)を走り回っていた頃を思い、84歳の今の“元気薬”になっております。 
 それから、私達が授業を受けていた頃は英語は敵国語(?)であり、英語の授業は撤廃され、音楽の本などは英語の歌詞を黒く塗りつぶさせられました。が、今回写真を見て、戦後たった2年で写真の説明に英語が使われているのを発見し、今さらながら、日本の社会の強さを改めて感じます。 
ともあれ、今回の名簿が若かった高女の頃を思い起こさせてくれたことに感謝します。
                                                 高女23回 ハンドボール部

平成27年版会員名簿
創立からの記録2ページ目右下

誤)初の国体出場 ハンドボール部
      1947(昭和22)年

正)第4回国体出場 ハンドボール部
      全国4位の好成績
      1949(昭和24)年


昭和22年第2回国体(石川県)参加のハンドボール部
第2回国体出場を控えて
江南運動場にての一同です
昭和22年10月30日
あの感激の入場式
はっきり胸に浮かんで来る!
天皇陛下御臨席
本当に私達に大きい感激でした
嬉しい忘れられぬ日
神奈川代表校として男子は鎌倉中学
同じコーチに教えて頂いたりで試合前に記念撮影
石川県金沢師範校庭にて
明石高女との試合5分前の頃
まぶしそうにしてますね
明石高女との試合終了
2-5で惜敗

画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります


掲載にあたり日本ハンドボール協会様に当時の記録を提供頂きました。
第2回国体(石川県)  昭和22年 1R 平塚高女 対 明石高女(兵庫) 2-5
第4回国体(東京都)  昭和24年 1R 平塚高女 対 筑紫中央(福岡) 8-2
SF 平塚高女 対 春日丘(大阪) 4-6
3位決定戦 平塚高女 対 小松(石川) 6-7

2015/06/09

平成27年度江南同窓会総会を6月7日(日)に開催しました。

 6月7日に約140名の同窓生の出席のもと平成27年度の江南同窓会総会を西館3回の視聴覚教室で開催しました。
 開始に先立ち、茶道部の呈茶(お茶のサービス)では可憐な活け花、校章をあしらった手作りのお菓子にほっとするひとときを過ごし、高23回の長田乾(ながたけん)さんの講演「今日から始める認知症予防」を聴きました。 予防は奇をてらったものではなく、適度な運動、野菜・魚をを中心の食生活、趣味やお付き合いで脳に刺激を与えることなど、まさに今日から始められることに意を強くしました。
 総会では、冒頭に落合市長(高28回)、米村県議(高54回)にご挨拶いただき、事業報告・決算報告、事業計画案・予算案、役員案、会則改定案全てを承認いただきました。 会則では総会の開催日が6月第1日曜日となっていますが、第1日曜日は 「湘南よさこい祭り」など主要イベントが集まっているため、第2日曜に改定し総会に集中できるようにしたものです。
 続く合唱部ミニコンサートは合唱部1年生4名の2か月間の練習の成果に聞き惚れ、高女校歌、高校校歌を斉唱しました。
懇親会は昨年に引き続き、6月27日の体育祭の準備に来校していた現役生・OBが200人以上も参加し、総勢350名の大懇親会となり、渡り廊下は立錐の余地もないほどでした。

来年は平成28年6月12日(日)に開催いたします。 会員皆様のご出席をお待ちしています。
また当番回生は高17回、27回、37回、47回、57回の皆さんです。よろしくお願いします。

当番回生の皆さんにお手伝いいただきました 茶道部の呈茶
校章をあしらった手作りの
お菓子
講演 長田乾さん(高23回)
落合市長、米村県議ご挨拶 新入会員(高67回)紹介
高36回の皆さんから新校舎のために寄付いただきました 合唱部ミニコンサート 校歌斉唱 中瀬名誉会長
Aブロックの皆さん Bブロックの皆さん Cブロックの皆さん Dブロックの皆さん
Eブロックの皆さん Fブロックの皆さん Gブロックの皆さん Hブロックの皆さん

画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります


 

2015/05/29

第6回シニアゴルフコンペを開催しました。

同窓会恒例のシニアゴルフコンペは5月28日、静岡県小山町の富士グリーンヒルズゴルフコースで開催され、6回目を数える今年は高11回から高22回までの45人が参加しました。あいにく霊峰富士は雲に隠れていましたが、お陰で風もなく初夏の陽気の中、気持ちよくラウンドできました。
 競技はダブルペリア方式で行われ、個人戦は沖津裕巳さん(高22回)がグロス90、ネット69.6で栄えある優勝、2位は上位常連の玉村邦夫さん(高18回)、3位も同期の山口伸さんが入りました。成績上位3人で争われる団体戦は、玉村、山口、久保田利昌さんの高18回組が通算3回目の優勝を果たしました。2位は高19回組、前回優勝の高15回組は3位でした。参加者は難しいグリーンに手こずりましたが、武隆敬さん(高15回)と臼井高史さん(高20回)が83にまとめ「ベストグロス賞」を獲得しました。
 今回は統一地方選の関係で5月開催となりましたが、来年は再び4月下旬に富士ヘルスCCで実施の予定です。
還暦を過ぎた同窓生の懇親を深めるこの大会、学年別にこだわらず個人参加も大歓迎です。1年後にまた元気な姿でお会いしましょう。
                                                           (高11回 渡辺大三記)

  ラウンド前に記念撮影  
表彰式会場 個人優勝の沖津裕巳さん ベスグロ(83)は2人
武隆敬さん(左)と臼井高史さん(右)
団体戦は高18回組が奪還
画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります

2015/05/14

(助っ人バンク)江南キャリア講座(3年生向け)


 3年生(高68回生)を対象に江南キャリア講座が5月14日に母校体育館で開催されました。
講師として(株)リクルートキャリア キャリアアドバイザーの松木努さん(高39回生)が、「大学選び、仕事選び、キャリア形成」と題して講演しました。まず、キャリアとは何か?を問い、生徒同士での30秒の自己紹介実践から、スキルについて整理しました。 また、最近の就職市場から3年生が4年後に直面する状況を予測し、その為には、Will(どうありたいのか)、Can(出来ることは何か)、Must(ゆずれない条件)を理解することが重要と話されました。 身近な先輩として細野雄紀さん(高60回生)から江南時代の活動や大学でのキャリア形成、就職時の選択について具体的にお話されました。
 約1時間の講演後、「高校時代にどんな夢を持っていましたか?」等の質問にお2人から的確なアドバイスがあり、今後の受験に有意義なキャリア講座となりました。

戸井田副校長先生ご挨拶 講師:松木さん、細野さん
同窓会:真壁会長、和田委員
30秒自己紹介 細野雄紀さん(高60回)
画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります

2015/05/07

(助っ人バンク)江南キャリア講座(2年生向け)

2年生323名(高69回生)に対する「江南キャリア講座」が5月7日に開催されました。 昨年まではPTAのご父兄3~4名が体育館でお話しされていたのですが、今年から同窓会助っ人バンクも協力して8名の講師が教室に分かれ講演し、生徒は希望する3講座を教室を移動して聞く形式となりました。
 講師の方々には「仕事の紹介、なぜその仕事を選択したか」などを3回お話しいただくことになりましたが、毎回生徒が入れ替わる為やりずらいことはなかったとのことでした。また、少人数だったためディスカッション形式で進めることができたとの感想もいただきました。 

講座 講 師(敬称略) 職 種 等
A 沼田 繁 広告代理店タウン誌編集者 高48回生
B 梶浦 真由美 管理薬剤師 PTA
C 坂本 桂太郎 ITコンサルタント 高48回生
D 大井 麻紀子 市役所勤務 公務員 高44回生
E 西谷 淳 カーデザイナー PTA
F 堺 英樹 金属メーカー勤務 研究開発者 PTA
G 築城 稔 医療介護サービス事業主 高33回生
H 齊藤 和子 市役所勤務 公務員 PTA・高40回生


A  沼田 繁さん B  梶浦 真由美さん
C  坂本 桂太郎さん D  大井 麻紀子さん
E  西谷 淳さん F  堺 英樹さん
G  築城 稔さん H  齊藤 和子さん
講師の方々と稲本校長先生 講師の方々、学校、PTA、同窓会の皆さん 
画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります

2015/04/21

(助っ人バンク)新入生オリエンテーション オープニング講演

平成27年度江南高校新入生322名(高70回生)に対する宿泊オリエンテーションが4月21日~22日に大磯プリンスホテルで行われています。初日の講演会は(株)丸山珈琲代表取締役の丸山健太郎さん(高38回)による「キャリア・自己実現」と題したお話でした。
 「若い君たちがキャリアを積むとは自己実現をしていくこと、自己実現とは自分の可能性を最大限に開発し実現して生きること、すなわち夢の実現である。高校卒業から23歳でコーヒー焙煎の道に出会うまでに、いろいろな仕事をした。インド、イギリス、アメリカにも行き英語も覚えた(これ大事!) その後、2000年に師匠に出会い鮮烈な2年間を過ごし、“トップの人と付き合え”“約束は守れ”“恩は忘れるな”など、その師匠から教えられた。買い付けに行く珈琲豆の生産者とは家族同様の付き合いをしている。さらに人を育てることにも力を入れている。」と強調されました。
「江南の頃は楽しかった」と話され、「江南の友だちとの繋がりが20年後、30年後に貴重な財産になる。3年間戦略を持って生活し、自分が何をやりたいか、どうすればよいかを考えれば夢は実現できる」と結んでくださいました。
生徒からの質問に、世界の広さ、人との繋がり、そこで活躍することの大切さを話され、自身のラテンアメリカへの夢も話してくださいました。

 
 
 
 
画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります

2014 2013 2012 2011 2010 2009
個人情報の取り扱いについて